実績多数!フランチャイズ問題に詳しい法律事務所 南法律特許事務所 弁護士によるフランチャイズ問題の法律相談

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
無料相談ダイヤル 03-3294-06110
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ

解決事例

当事務所が解決した事例を一部ですが記載しますので、お時間がある際に是非ご一読いただければ幸いでございます。

CASE1 FC本部の契約勧誘時の説明義務違反・契約後の指導義務違反の事例

事件概要

FC契約に基づき開店したフランチャイジーが売上不振のため,閉店。本部に対し,契約締結時の説明義務違反,契約後の指導義務違反を理由に,1000万円の損害賠償請求。これに対し,フランチャイジーの主張を否定する一方,関連会社とともにリース料残代金,中途解約金等約1000万円を請求。
フランチャイジーの主張を否定する一方,関連会社とともにリース料残代金,中途解約金等約1000万円を請求。

結果

関連会社が50万円を支払う和解成立した。



CASE2 契約終了後も元加盟店がFC本部のロゴを継続使用した事例

事件概要

FC契約に基づき開店したフランチャイジーが契約終了後も本部の看板,ロゴを続用したため,契約終了を理由とした看板の撤去,使用料相当損害金等として約2000万円を請求して提訴


結果

看板を撤去するとともに1050万円の支払いを受ける旨の和解成立で解決。
その他の事案においても,看板を撤去するとともに,請求金額全額の支払いを命じる勝訴判決,あるいは,看板を撤去するとともに請求金額を若干減額した和解金の支払いを受ける旨の和解成立で解決。

 

CASE3 FC本部の商標を無断で使用した事例

事件概要

FC本部の事業内容と類似の事業者が,本部との契約がないにも関わらず,本部が使用するロゴ等を記載した看板を掲げる。
商標権侵害を理由とした看板撤去,使用料相当損害金を請求して提訴。
 

結果

看板を撤去するとともに,請求金額を認める勝訴判決,あるいは,看板を撤去するとともに請求金額を若干減額した和解金の支払いを受ける旨の和解成立で解決。



CASE4 フランチャイジーの労働審判事件

事件概要

コンビニフランチャイジーが経営していたコンビニにおいて,従業員が退職し,退職金等200万円の支払を求める労働審判を申し立てた事案。


結果

35万円の支払で和解成立した。


CASE5 フランチャイジー等のクレーマー対応

事件概要

コンビニフランチャイジーが販売していた食品を食べて食あたりになった,定員の接客態度が悪い,その他のクレームを主張し「誠意を示せ」等の不当要求をされた多くの事例。


結果

面談禁止,架電禁止等の仮処分,その他交渉において,不当要求を遮断。


最終結論

示談交渉の結果,和解が成立し,17,500,000円の支払を受けることができた。(約1.54倍)


CASE6 加盟金を支払った後に本部がフランチャイズチェーンをやめて,破綻してしまったが,一部の範囲で加盟金の返還を受けることができた事例

依頼者の立場

加盟店

請求内容

加盟金返還請求

経済的利益

300万円

依頼のきっかけ

依頼者は,あるフランチャイズチェーンの加盟契約を締結し,加盟金として500万円超を支払った。ところが,依頼者がフランチャイズ店舗を開業する前に,フランチャイズ本部が営業を中止してしまい,開業できなくなった。加盟金の返金を求められないかについて,当事務所に相談。

解決までの流れ

当職らが代理人として,本部の代理人と交渉。
途中,本部が破綻するなどし,返還を受けるのは困難とも思われたが,最終的に約300万円の範囲で返還を受けた。


CASE7 本部に営業を委託していた店舗が赤字になったため,本部とのフランチャイズ契約を解消して

加盟店が同じ場所で本部とは独自の営業をしていくことで合意した事例

依頼者の立場

加盟店

請求内容

加盟金返還請求
本部との関係遮断

依頼のきっかけ

依頼者は,ある飲食のフランチャイズチェーンに加盟。本部に店舗の営業を委託していたが,赤字になり営業が困難になった。本部に対する原材料費の買掛金も残ってしまっているが,本部との関係を解消して独自の店舗として営業していきたいとして,当事務所に相談。

解決までの流れ

当職らが代理人として,本部の代理人と交渉。
契約の解消と加盟金等の返還を求めたところ,本部も多額の売掛金の残額を主張。
最終的には,お互いの金銭債権を相殺することを条件にフランチャイズ契約を解消するとともに,依頼者が同じ場所で本部とは独自に営業していくことを認める形で和解した。

CASE8 フランチャイズ加盟店の営業が成り立たなくなったにも関わらず,中途解約条項がない場合に,本部との協議でフランチャイズ契約を合意解除した事例

依頼者の立場

加盟店

請求内容

本部との関係遮断

依頼のきっかけ

依頼者は,あるフランチャイズチェーンに加盟した。当初は営業として成り立っていたが,ロイヤリティが重荷になるなどして,営業が立ちゆかなくなった。依頼者はフランチャイズをやめたいと考え,当事務所に相談。

解決までの流れ

当職らが代理人として,本部の代理人と交渉。
フランチャイズ契約書上,中途解約条項がなく,契約期間内にやめることができるかが危惧されたが,最終的には,依頼者の店舗を本部に譲り渡すことを条件に,フランチャイズ契約は合意解除するに至った。



ImgTop7.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。
■相談の流れ ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス